ラ・フルール・ダルル

「アルルの花」を意味するコレクションです。印象派の巨匠、ヴァン・ゴッホが愛したアルルは、 マルセイユの北西、ローヌ川の畔に位置する風光明媚な地方として、現在も多くの人々を魅了しています。 ゴッホが太陽を求めてアルルに移り住んだように、プロヴァンスの陽光を浴びて輝く「アルルの花」は、 鮮やかな色彩に満ちた花柄小紋のコレクションとなっています。